お子さんを歯医者嫌いにさせないために

お子さんを歯医者嫌いにさせないために

歯医者に「痛い、怖い」というイメージをお持ちの方は少なくないことでしょう。大人ですら不安を抱くと歯医者に通うことをためらってしまうのですから、子どもであればなおのこと。歯医者に対して悪いイメージを抱いてしまうと通院を嫌がり、歯医者に行けなくなれば治療も予防もおろそかになりがちです。大切なお子さんのお口の健康を守るために、お子さんが歯医者嫌いにならないためのコツをご紹介します。

歯医者選びが重要なポイントです

歯医者選びが重要なポイントです

お子さんを歯医者嫌いにしないためには、歯医者選びが大切です。お子さんとの相性もありますが、子どもの気持ちを尊重してくれるような歯医者さんがいいですね。こちらでは歯医者選びのポイントをご紹介します。子どもだけなく大人の歯医者選びとも共通するのではないでしょうか?

POINT1. デメリットもきちんと説明 POINT2. 話をちゃんと聞いてくれる
メリットだけでなくデメリットも分かりやすく丁寧に説明してくれる歯医者さんがお勧めです 歯科医院主体ではなく、患者(お子さんや親御さん)の目線に立って、患者の話をじっくり聞いてくれる歯医者にしましょう
POINT3. いつも清潔な院内 POINT4. コミュニケーションがとれている
医療施設は清潔でなければなりません。子どもはいろいろな場所を触るので、とくに清潔を心がけている歯医者にしましょう スタッフ同士の仲が良くコミュニケーションがとれている歯科医院を選んでください。スタッフ間のコミュニケーションは、そのまま患者様との対応力と捉えていいでしょう。

お子さんと歯医者さんに行くと決めたら… …

次のポイントに気をつけましょう。ご来院前とご来院中、そしてご帰宅後に分けてご説明します。

ご来院前
歯医者に行くことを事前に伝えておきましょう 「痛くないよ」「診てもらうだけね」などとウソをつくのはやめましょう 「悪い子は歯医者に連れて行くよ」などと歯医者を脅し文句にしてはいけません
どこに行くのか、何をするのかが分からないとお子さんは不安になり、必要以上に怖がってしまうことがあります。心の準備をするために、通院するときはあらかじめお子さんに話をして、歯医者さんの大切さも伝えましょう。 いわれたことと実際が違うと、子どもはだまされた気持ちになりがちです。その不快感が歯医者嫌いにつながることがあります。その場を取り繕うようなウソをつかず、歯医者さんに行くことや虫歯治療の大切さをきちんと話して聞かせましょう。 うっかり歯医者を脅し文句に使ってしまうと、「歯医者は怖いところ、行きたくないところ」というイメージが子どもに植えつけられてしまうことがあります。気をつけましょう。
ご来院いただいてから
まず親御さんがリラックスしましょう 思いっきり褒めましょう うまく治療できなくても叱るのは逆効果です
親御さんの緊張は、子どもの不安をあおります。まず親御さんがリラックスしてください。笑顔を絶やさず、楽しい話などしてお子さんをリラックスさせましょう。 治療が終了したら、「よくがんばったね」「いい子だったね」などと、すぐに褒めてあげましょう。次回の自信につながります。 もし泣き叫んでしまって治療ができなくても、決して叱ってはいけません。次回の治療に備えて、励ましてあげることが大切です。
ご帰宅後
家族みんなで褒めてあげましょう 次回の予定を伝えましょう 歯医者さんに行く練習をしてみましょう
帰宅したら、家族みんなで褒めてあげましょう。多少、大げさでもかまいません。お子さんの自信につながります。 次回の予定も分かりやすく話しておきましょう。カレンダーなどに印(しるし)をつけておくといいかもしれません。 うまく治療ができなかった場合は、お子さんの機嫌のいいときに、アーンとお口を開ける練習をしてみましょう。遊び感覚でできれば、次の診療はよりスムーズに。

子どもの歯の治療について「のだクローバー歯科」の小児歯科をご紹介