歯医者に来たらお子さんが泣いてしまったことはありませんか?

歯医者に来たらお子さんが泣いてしまったことはありませんか?

歯医者さんに着くやいなや、泣き出してしまうお子さんがいらっしゃいます。その原因は、お子さんがパニックを起こしてしまっていることがほとんどです。知らない場所に連れて来られて、何をしたらいいのか分からなくて不安になりパニックを起こし、「泣く」ことで意思表示をしているのです。また親御さんが緊張していると、お子さんが不安な気持ちを敏感に感じ取り、泣くことにつながります。

当院では押さえつける治療はしません

当院では押さえつける治療はしません

小さなお子さんは、歯医者さんでの治療についてきちんと理解はできません。それなのに、嫌がるお子さんの治療を無理矢理進めて、お子さんが痛い思いでもしようものなら、歯医者さんに恐怖心を抱き、歯医者嫌いになってしまうことでしょう。これでは長い目で見て、お口の健康を守れなくなります。

当院では押さえつける治療はしません

当院では、お子さんを押さえつけての治療はしません。治療に抵抗があるときは、治療器具を見せたり、その器具でお母さんと一緒になって、ぬいぐるみに治療してもらったりと、少しずつ恐怖心を取り除き、治療への抵抗を減らします。信頼を得ることができれば、多少痛みを伴う治療になっても、それによって「治った」ということを理解してもらえれば、次回につながるのです。私たちは、お子さんの気持ちを尊重した治療を心がけています。

お子さんを楽しんでいただくための取り組み

お子さんを楽しんでいただくための取り組み お子さんを楽しんでいただくための取り組み

お子さんを楽しんでいただくための取り組み お子さんを楽しんでいただくための取り組み

当院では待ち時間にお子さんが退屈しないように、おもちゃや絵本、DVDが見れるキッズスペースを完備しております。ご希望があればゲームの貸し出しも行っています。
また、治療を頑張ったお子さんにはご褒美をご用意しています。これをきっかけに、「また歯医者に行きたい」と通うことが楽しみになっていただけると嬉しい限りです。

お子さんの虫歯をチェックしましょう

お子さんの虫歯をチェックしましょう

乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすい歯です。お子さんの歯は大丈夫ですか? 簡単なチェックリストをご紹介しますので、さっそくチェックしてみてください。該当する症状がありましたら、お早めに千葉県野田市の歯医者「のだクローバー歯科」にご相談ください。

お子さんの虫歯のチェックリスト

PickUp!

お子さんの「お口ポカーン(口唇閉塞不全症)」を予防しましょう

口唇閉鎖力測定器「りっぷるくん」 画像01

口唇閉鎖力測定器「りっぷるくん」 画像02

※画像をクリックすると拡大表示します。

近年、お口をつねにポカーンと開けている子どもが増えています。おもに舌の位置が正しくないことが原因とされており、そのままだと前歯がどんどん前に押し出されて歯並びが乱れたり、お口まわりの筋力が低下したりして、余計にお口が閉じにくくなる恐れがあります。お口ポカーンの症状は口唇閉塞不全症と呼ばれ、ほとんどの人が口呼吸をしています。口呼吸は、歯並びの悪化を招くうえ、風邪を引きやすい、虫歯になりやすいなど、デメリットだらけ。お口をしっかりと閉じ、鼻呼吸することでそれらのリスクを低くするだけでなく、気道閉塞やいびきの軽症化も期待できるので、幼少期からの検査は不可欠です。

そこで当院では、口唇閉鎖力測定器「りっぷるくん」を使って、小学生までのお子さん全員のお口の筋力を測っています。お口に“りっぷるボタン”を装着し、引き出されるまでひっぱり測定。計測値が低かったお子さんには、無料にてお口ポカーンを改善するトレーニング法をアドバイスしています。
また、症状によってはトレーニングキットもご提供しています。

お子さんの「お口ポカーン」が気になっている親御さんは、ぜひ一度、千葉県野田市の歯医者「のだクローバー歯科」までご相談ください。

処置方法紹介

ブラッシング指導

ブラッシング指導

虫歯予防の基本は毎日のブラッシングです。お子さんの発育段階や歯の生え方に適したみがき方のアドバイスをします。また親御さんの仕上げみがきのコツもお伝えします。

フッ素コーティング

フッ素コーティング

歯の表面に、歯質を強くする効果のあるフッ素を塗る処置です。ごく初期の虫歯であれば、歯の再石灰化が促されます。虫歯予防のためには定期的なフッ素塗布がお勧めです。

シーラント

シーラント

虫歯になりやすい生えたての永久歯の奥歯の溝に、あらかじめレジン(歯科用プラスチック)を埋めて虫歯を予防する処置がシーラントです。

歯はいつから生えるの?「のだクローバー歯科」の子どもの歯の疑問にお答えします