乳歯は虫歯になりやすいことをご存知ですか?

乳歯は虫歯になりやすいことをご存知ですか?

子どもの歯(乳歯)は、歯の表面のエナメル質が永久歯に比べて薄いので、虫歯になりやすい歯です。「乳歯が虫歯にかかっても、そのうち永久歯に生え替わるから……」と放っておいては、永久歯に悪影響を与えてしまう恐れがあります。

またそれだけでなく、乳歯は咬む力や食欲に影響し、発音や骨格だけでなく全身の成長にも悪影響をおよぼすこともあるのです。お子さんの歯で、少しでも気になるところがありましたら、お早めに千葉県野田市の歯医者「のだクローバー歯科」にご来院ください。

ご家族から虫歯がうつることもあります

ご家族から虫歯がうつることもあります

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在しません。それでは虫歯菌はどこからくるのでしょうか? それは、親御さんがスプーンを共有したり、口移しをしたりと唾液を介して感染することがほとんどです。

~虫歯菌の感染を防ぐには~
  • 食べ物の口移しはやめましょう
  • 赤ちゃん専用のスプーン、お箸、コップ、食器を使用しましょう
  • 赤ちゃんのお口や手へのキスは避けましょう
  • 家族全員がお口の健康に気をつけましょう

お子さんを虫歯にさせないために

1.ダラダラ食べさせない 2.歯によい物を食べさせる 3.食べたあとはブラッシング
お口の中に食べ物があると口腔内は酸性になり虫歯になりやすい状態となります。おやつや食事は時間を決めて、お口の中がきれいな時間を長く保ちましょう。 糖分の多い、アメ、チョコレート、キャラメル、グミなどはお口の中に残りやすいので要注意です。キシリトール入りなどのシュガーレスタイプのおやつがお勧めです。 食後はできるだけ早いタイミングでブラッシングする習慣をつけましょう。食後30分以内がお勧めです。ブラッシングできない場合は、口ゆすぎだけでも効果があります。

仕上げみがきを忘れずに!

仕上げみがきを忘れずに!

小さなお子さんにとって、ひとりできちんとブラッシングするのは至難の業です。そこで重要なのは親御さんがブラッシングしてあげること。楽しみながら行い、口腔ケアを習慣にしましょう。お子さんがひとりでブラッシングできるようになっても、小学校中学年くらいまでは親御さんの仕上げ磨きは欠かせません。そして、お子さんのお口の状態に何か変化がありましたら、なるべく早く歯医者さんに連れて行きましょう。

お子さんのブラッシングのこと、親御さんの仕上げみがきのことなど、気になることや分からないことがありましたら、お気軽にご相談ください。

お子さんを歯医者嫌いにさせないために「のだクローバー歯科」がちょっとしたコツをご紹介します