気になったタイミングでご相談ください

気になったタイミングでご相談ください

学校での歯科検診により、最近は虫歯のある子どもは減少傾向にありますが、歯並びがよくない子どもが増えているようです。咬み合わせや歯並びの乱れは、見た目が悪く顔のバランスに影響するだけでなく、咀嚼(そしゃく)や発音、呼吸などのお口の機能にさまざまな問題を起こすことがあります。

~歯並びの乱れがもたらすさまざまな問題点~
  • 虫歯や歯周病になりやすくなります
  • 見た目が悪いです
  • 顎の成長に悪影響を与えることがあります
  • クリアな発音や滑舌の妨げになることがあります
  • よく咬まずに飲み込むクセがつくと肥満につながります
  • 顎関節症になることも

お子さんの歯並びで気になることがありましたら、一度、千葉県野田市の歯医者「のだクローバー歯科」にご相談ください。

子どものうちに矯正をする目的とメリット

子どものうちに矯正をする目的とメリット

子どものうちに矯正すると、顎の成長を利用して歯の生えるスペースを確保することができます。乳歯から永久歯に生え替わる「混合歯列期」に歯の生えるのに十分なスペースがあれば、トラブルの少ない口腔内環境となるのです。お子さんの今だけでなく将来の健康をも左右することにもつながります。

~小児矯正のメリット~
  • メリット1:顎の成長を利用するので、短期間で痛みの少ない治療が可能です
  • メリット2:将来的に歯の移動をともなう本格的な矯正治療が必要となった場合でも、抜歯が不要となる確率が格段に増えます
  • メリット3:歯の生え替わりの観察ができるので、悪い咬み合わせによる歯や顎への負担を早期に軽減できます

お子さまの歯の成長に合わせた咬合誘導

咬合誘導とは、乳歯から永久歯に生え替わる時期に専用の装置などを付けることで顎や骨格の正しい成長を促し、ズレを改善しながら歯が生え揃うスペースを確保するために行う治療です。

~メリット~
  • メリット1:成長が止まった大人よりも早く歯並びが改善しやすい
  • メリット2:大人になってから矯正した場合よりも、元の歯の位置に戻りにくい
  • メリット3:将来的に矯正を行う場合に費用を安く抑えられる
  • メリット4:将来的に抜歯のリスクを減らすことができる
  • メリット5:顎の骨の位置も調整できる

こんなクセありませんか?

歯並びに悪影響を与える可能性のあるのは次のようなクセです。お子さんにこんなクセはありませんか? 気になるクセはできるだけ早く直してあげましょう。

頬杖(ほおづえ)
頬杖(ほおづえ)
指しゃぶり
指しゃぶり
爪咬み
爪咬み
成長期の頬杖のクセは、顎関節などの成長を妨げ、咬み合わせや顔、顎のゆがみを招くことがあります 前歯に負担がかかるので、上顎前突(出っ歯)や開咬(咬み合わせても上下の前歯が閉じない歯列)を招くことがあります 爪や唇などを咬み続けるクセがあると、歯や歯ぐきに負担をかけ、歯並びが乱れてしまうことがあります
口呼吸
口呼吸
丸飲み
丸飲み
舌癖(ぜつへき)
舌癖(ぜつへき)
いつも口を開けていることになるので、舌の位置が定まらず歯並びや咬み合わせを乱すことにつながります 丸飲みばかりでしっかり咬まないでいると顎の成長を促すことができないだけでなく、奥歯が内側に傾くことも 前歯を押すなど、歯並びに悪影響を与えるような舌のクセをすべて「舌癖」といいます

当院では矯正専門医が治療を行います

歯科矯正は専門性の高い分野です。そのため、当院では矯正専門医が担当いたします。

矯正専門医:鈴木綾子先生

矯正専門医:鈴木綾子先生

当院の担当矯正専門医をご紹介します。毎月第3金曜日にみなさんをお迎えするのは、日本大学松戸歯学部矯正学講座所属の鈴木先生です。矯正の無料相談や診察・治療を行いますので、矯正のことは何でもご相談ください。

矯正方法紹介

ムーシールド

ムーシールド

おもに反対咬合(受け口)を治すために装着する矯正装置です。乳歯期(3~6歳)のお子さんに効果を発揮。専用のマウスピースを、就寝時など毎日一定時間装着し、症状を改善させていきます。

床矯正

床矯正

入れ歯のような取り外しできる装置を、就寝時など毎日一定時間装着し、顎の大きさを広げていく治療です。乳歯から永久歯に生え替わる時期のお子さんに用いられます。顎を広げることで、歯がきちんと並ぶスペースを確保する方法です。

お子さんの歯並びが気になったら、まずは無料相談をご利用ください 「のだクローバー歯科」04-7121-5030