大切な歯を守るために

大切な歯を守るために

歯医者に行くときは、「歯が痛いから」という理由で通院される方が多いのではないでしょうか? しかし、もし虫歯だった場合は、風邪のように元どおりに回復することはありません。虫歯部分を削って治療するので、健康な歯にダメージを与えてしまうのです。そのため、治療前に予防することが大切になります。「治療」よりも「予防」が、お口の健康を守るためには効果的なのです。

予防の方法は大きく分けて2種類。毎日の「ホームケア」と定期的な歯科医院での「プロフェッショナルケア」です。

ご自宅で予防する「ホームケア」

ブラッシング

ブラッシング

プラークコントロールの基本です。毎食後のブラッシングがお勧めですが、少なくとも1日1回、就寝前にお口の中をきれいにしましょう。歯が重なっている部分や、奥歯など歯ブラシが届きにくいところは、とくに注意が必要です。

正しい食習慣

正しい食習慣

糖分は虫歯のエサとなるので、ダラダラと食べているとお口の中は虫歯になりやすい環境のままになりがちです。お口の中がきれいな時間を増やすように、「ダラダラ食べる」のはやめましょう。また砂糖が含まれない「キシリトール」や「リカルデント」入りのおやつは虫歯予防に効果的です。

フッ素の活用

フッ素の活用

フッ素には歯を強くし、細菌の繁殖を抑制する働きがありますので、虫歯と歯周病の予防に効果があります。そのため、フッ素入りの歯みがき剤やジェルを使用することをお勧めします。

歯科医院で予防する「プロフェッショナルケア」

歯科医院で予防する「プロフェッショナルケア」

毎日の「ホームケア」では、どうしても汚れを落としきれない部分が生じます。そこでお勧めなのが定期的な歯科医院での「プロフェッショナルケア」です。お口の状態に合わせて、患者さん一人ひとりに合ったサイクルで定期検診を受け、必要な「プロフェッショナルケア」を受けましょう。千葉県野田市の歯医者「のだクローバー歯科」にお気軽にご相談ください。

PMTC

歯科医院で予防する「プロフェッショナルケア」

歯科専門の歯科医師や歯科衛生士による専門の器具を使った歯のクリーニングのことをPMTCといいます。普段のブラッシングでは落としきれない歯と歯の間や歯の歯ぐきの溝(歯周ポケット)などのプラーク(歯垢)や歯石を除去します。

軽度の歯の色素沈着や口臭予防にも効果的です。クリーニングするとお口の中がさっぱり、さわやかに。きれいなお口を実感できます。

歯周ポケットのクリーニング

歯周ポケットのクリーニング

歯と歯ぐきの溝は歯ブラシが届きにくく、汚れが溜まりやすい場所です。虫歯や歯周病、口臭の原因ともなるこの部分のプラークや歯石を「スケーラー」などの専門器具を用いて取り除きます。

フッ素コーティング

フッ素コーティング

歯質を強くし、歯の再石灰化を促す効果のあるフッ素を歯の表面にコーティング(塗布)する処置です。ごく初期の虫歯にはとくに効果的です。虫歯菌が出す酸への抵抗力を高める働きもあるので、定期的なフッ素コーティングをお勧めしています。

ホームケアのアドバイス

ホームケアのアドバイス

毎日ブラッシングしていても虫歯になってしまうのは、正しくみがけていないからかもしれません。予防のプロである歯科衛生士が患者さん一人ひとりの年齢や歯並び、咬み合わせなどお口の状態に合ったブラッシング方法をアドバイスします。健康な歯を保つために毎日の正しいホームケアをしましょう。

ほかにも予防方法があります もっとくわしくはこちら 「のだクローバー歯科」の予防歯科