健康な生活を送るために必要な「歯」

健康な生活を送るために必要な「歯」

普段は改めて考えることもないでしょうが、歯は私たちの健康と深くかかわっています。「歯の役割は?」と聞かれたら、「咀嚼(そしゃく)」が頭に浮かぶと思います。でもそれだけではありません。歯を失ってみて初めてその大切さに気づく……なんてことがないように、ちょっと立ち止まって、歯の大切さを考えてみましょう。

歯は大事な役割を担っています

歯には「食べ物を咬む:咀嚼」以外にもさまざまな役割があります。

食べ物の消化を助ける 食事を楽しむ 異物を感知
食べ物を歯で消化しやすいように咬み砕くことで、胃腸からの栄養の吸収を助けます 「咬み応え」や「歯ざわり」は味覚に大きく関与。食事を楽しむことにつながります 歯で咬むことで硬さの異なる物が口に入っていることに気づくので飲み込んでしまうのを防げます
正しい発音に 表情を豊かに 全身の瞬発力を
歯並びが整っていると、舌や唇の動きを助けるので、正しい発音がスムーズにできます 歯で咀嚼することで口の周りの筋肉が正しく発達。表情をつくる筋肉も整い、豊かな表情づくりにつながります 奥歯をきちんと咬みしめることができると全身の筋肉のバランスが整い、瞬発力も発揮されるといわれています

歯を失ってしまうと… …

歯は1本でも失ってしまうと、お口全体のバランスを崩してしまうことがあります。歯を失ってしまうことで起こりやすいさまざまなリスクは次の通りです。

栄養吸収の悪化 運動能力の低下
歯を失うと食べ物を咬み砕くという、もっとも重要な役割に支障をきたすことがあります。うまく咀嚼できないと、消化吸収のための胃腸への負担が高まるだけでなく、栄養を効率よく摂ることが難しくなります。 歯を失うと食べ物を咬み砕くという、もっとも重要な役割に支障をきたすことがあります。うまく咀嚼できないと、消化吸収のための胃腸への負担が高まるだけでなく、栄養を効率よく摂ることが難しくなります。
老化の促進 認知症の進行
歯を失うことにより口元にシワができやすくなります。そしてその見た目を気にして他人との接触を避けるようになることがあるようです。すると見た目だけでなく気持ちも老化してしまいがちに。 歯の本数が少ない人ほど認知症の発症率が高いというデータがあります。歯が少ないことで、咀嚼により脳に伝わっていた刺激や血流量が減る、食べるという意欲も減少するなどのさまざまな理由が考えられます

日々の予防が健康な歯をつくります

日々の予防が健康な歯をつくります

80歳で日本人の歯の平均本数は8本といわれています。ところが、歯科先進国であるスウェーデンでは25本。アメリカでも15本は残っているというデータが報告されています。この差はどこから生まれてくるのでしょうか?

それは、日本では、「歯医者さんは歯が痛くなってから行くところ」とお考えの方がまだまだ多いからだといえます。一方、歯科先進国の欧米では、「治療」よりも「予防」が主体ですので、「歯医者さんは虫歯や歯周病にならないように予防のために行くところ」なのです。予防を心がけることが、年齢を重ねても自分の歯を多く残すことにつながっているのです。

日々の予防が健康な歯をつくります

毎日のお口のセルフケアをする。そして定期的に歯医者さんでプロケアをしてもらう。そうすることがお口の健康を保つためにとても有効です。あなたも今から「予防」のための通院を始めてはいかがでしょうか? お口のトラブル予防のことは、千葉県野田市の歯医者「のだクローバー歯科」にご相談ください。

お口のトラブルは予防で未然に防ぎましょう「のだクローバー歯科」の予防歯科はこちら