治療は最後まで終わらせましょう

治療は最後まで終わらせましょう

「もう痛くないし、忙しいから……」と歯科治療を途中でやめてしまっていませんか? でもその治療の中断は、お口の健康にとってリスクがあります。治療前よりもお口の状態を悪化させてしまうことにつながります。どうか治療を途中で投げ出さないでください。もし今治療を中断しているのなら、なるべく早く歯医者さんに行きましょう。

治療を中断しがちなタイミング

CASE1.痛みが治まったとき CASE2.仮歯を入れたとき
痛みが強い部分には、まず「痛みを取る」処置をしてから治療を進めていきます。この治療が終わっていない段階で、放置してしまうと、再び痛み出すことになります。 仮歯はあくまで「仮の歯」ですので耐久性がありません。そのため長期的に使い続けると取れてしまったり、治療部分が再発したりすることがあります。
CASE3.被せ物を入れる前 CASE4.根管治療中
虫歯治療では、虫歯部分を削ってから型を採り、被せ物をします。被せ物を装着する前に治療を中断してしまうと、せっかく作製した被せ物が合わなくなったり、削った部分が新たに虫歯になったりすることも。 重度の虫歯を治療する場合、歯の根だけでも残すために根管治療(歯の神経の治療)をします。数回にわたって行われるこの治療中は、虫歯を悪化させやすい時期です。治療を中断すると、抜歯を余儀なくされることも。

治療を途中で中断してしまうとこんなリスクが……

最初から治療をやり直しになることも

最初から治療をやり直しになることも

再び治療を始めても、最初からやり直しとなることがあります。治療費がかさみ、通院の手間も増え、歯や身体への負担が増えてしまいます。

歯の寿命を縮めてしまうことも

歯の寿命を縮めてしまうことも

治療を繰り返すと歯へのダメージも繰り返されるので、せっかく治療しても、最初の治療のときよりは歯の寿命を縮めてしまうことにつながってしまいます。

治療中の歯医者に行きにくくなるかも

治療中の歯医者に行きにくくなるかも

途中で通院しなくなると、その歯医者に通いづらくなり、別の歯医者に通い出す方もいらっしゃるようです。すると、治療は1からのやり直しとなり、検査からとなるので、時間も治療費もかさみます。

PICK UP!みなさんへのメッセージ

PICK UP!みなさんへのメッセージ

さまざまな理由で忙しくなり、通院の予約をキャンセルせざるを得なくなることもあるでしょう。時間が経ってしまっても、まずはお時間をつくっていただきご来院ください。お口の状態を確認して、改めて治療計画を立てるなどして、治療を進めていきます。

もし、通院を中断されている方がいらっしゃいましたら、なるべく早くかかりつけの歯医者さんにご連絡ください。または、千葉県野田市の歯医者「のだクローバー歯科」にご相談ください。

お口の健康を守るお手伝いをします 「のだクローバー歯科」04-7121-5030