歯の痛みはなるべく早めに治療しましょう

歯の痛みはなるべく早めに治療しましょう

「歯が痛い」「歯がしみる」それは虫歯のサインかもしれません。ごく初期の段階を除き、虫歯は自然治癒(しぜんちゆ)せず、放っておくとどんどん進行してしまいます。知覚過敏でも歯がしみることがありますが、どちらも早期発見・早期治療が大切です。気になるお口の症状がありましたら、お早めに千葉県野田市の歯医者「のだクローバー歯科」にご相談ください。

虫歯を治さないリスク

「忙しいから……」「痛みが治まったから……」と虫歯を放置していませんか? 虫歯を治さないで放置するとさまざまなリスクが高まります。

~虫歯を放置すると高まるリスク~
  • 虫歯の進行により再び激しく痛み出すことがあります
  • 初期の段階に比べて、治療が複雑になります
  • 治療に要する費用も通院回数も増えます
  • 虫歯の進行状況により治療時の痛みが増すことがあります
  • 口腔内だけでなく身体の健康にも影響を与えることにつながります

初期の虫歯ならレーザーで少ない痛みで治せます

初期の虫歯ならレーザーで少ない痛みで治せます

虫歯治療は削って詰める(または被せる)というイメージがあると思います。しかし、最近では歯科治療用のレーザーが開発され、治療に活用されています。初期の段階の虫歯であれば、レーザー治療をすることで虫歯の進行を抑制することも可能です。なお、レーザー治療は痛みはほとんどありませんのでご安心ください。

歯がしみるのは知覚過敏かもしれません

歯がしみるのは知覚過敏かもしれません

虫歯ではなさそうなのに歯がしみる場合は「知覚過敏」かもしれません。知覚過敏とは、歯の表面のエナメル質が薄くなったり欠けたりして、その下の象牙質が露出。そのために、その奥にある神経へ刺激が伝わりやすくなって起こると考えられています。わずかな刺激にも敏感になり過剰反応を起こすことで、冷たい物が「しみ」たり「痛み」を感じたりするのです。

知覚過敏も虫歯と同様に、早期発見、早期治療が大切です。「痛み」や「しみ」を感じたら、なるべく早く当院までご相談ください。

ほかにもお口のトラブルの予防方法があります「のだクローバー歯科」の予防歯科についてもっと詳しくはこちら