重度の虫歯は根から治します

重度の虫歯は根から治します

歯の神経にまで達してしまった重度の虫歯の場合は抜歯を余儀なくされることもあります。そうなる前に歯の根を残す治療として「根管治療」があります。根管治療とは、歯の中の神経や血管が入っている根管という細い管から、虫歯に汚染された神経などを除去し、内部を洗浄・消毒して薬剤を詰める治療です。

根管治療は建物建設にたとえると、基礎工事のような重要な治療といえます。汚染部位を残してしまうと再発してしまうので、細心の注意が必要な治療でもあります。

根管治療が必要なケース

根管治療が必要なケース

次のような症状がある場合は、虫歯が神経にまで達していて根管治療が必要になるかもしれません。気になる症状がありましたら、なるべく早く千葉県野田市の「のだクローバー歯科」にご相談ください。

~根管治療が必要かもしれない症状~
  • 何もしていなくても歯が痛む
  • 冷たい物や甘い物がしみる
  • 歯ぐきを押すと痛む
  • 歯を咬みしめると痛む

根管治療の流れ

STEP1. 麻酔処置 STEP2. 根管洗浄
STEP1. 麻酔処置 STEP2. 根管洗浄
麻酔注入の際の痛みをできるだけ抑えた麻酔を行います 虫歯に汚染された部分を除去し、根管をしっかり洗浄し、徹底的に除菌します
STEP3. 根管充填 STEP4. 被せ物装着
STEP3. 根管充填 STEP4. 被せ物装着
除菌した根管内に細菌が入らないように薬剤を注入し充填、密封します 被せ物をのせるための土台を装着し、その上に被せ物を被せます

根管治療は患者さんの根気が必要な治療です

根管治療は患者さんの根気が必要な治療です

重度の虫歯の治療である根管治療は、抜歯を回避し歯の根だけでも残すための治療です。歯根だけでも残すことで、その歯や周りの歯を長持ちさせるのに役立ちます。細心の注意と丁寧な治療が必要な根管治療は、すぐに終わる簡単な治療ではありません。そのため数回の通院が不可欠です。

根管治療は患者さんの根気が必要な治療です

しかし通院回数が増えると、途中で根管治療を止めてしまう方がいらっしゃいます。この「根管治療の中断」はお口の健康にとってかなり危険な行為です。根管治療が必要な歯はすでに抜歯の一歩手前という状態。病巣が広がりやすいので抜歯の可能性がかなり高まるだけでなく周りの歯にも影響してしまうことがあります。

根管治療には、患者さんの根気と時間が必要です。自分の歯を残し、お口の健康を少しでも長く保つために、治療は必ず最後まで受けましょう。

重度の虫歯になる前にしっかり予防しましょうくわしくはこちらをどうぞ