銀歯が気になっていませんか?

銀歯が気になっていませんか?

以前治療して入れた銀歯。白い歯の中で黒ずんで見え、とても目立ちます。この銀歯のせいで「口元が気になり、会話や食事が楽しめない……」そんなお悩みはありませんか?

口元の見た目を改善したいとお考えでしたら、審美治療の受診をお勧めします。審美治療とは、見た目を改善するとともに歯本来の機能性を取り戻すことです。気になる銀歯を白いセラミック素材の詰め物・被せ物に替えることで、口元のお悩みは解消できるはずです。

銀歯が身体に与える影響

銀歯が身体に与える影響

これまで保険診療の虫歯治療で当たり前のように使われてきた銀歯ですが、見た目が悪いだけではありません。最近では、金属アレルギーなど身体に与える影響が指摘されています。

~銀歯のデメリット~
  • イオン化した金属が体内に取り込まれることで、金属アレルギーを起こすことがあります
  • 銀歯にはプラーク(歯垢)が付着しやすいため、虫歯や歯周病の発症リスクが高まります
  • 天然の歯よりも硬いので、咬み合う歯を傷つけることがあります
  • イオン化した金属が歯ぐきを黒ずませることがあります
  • 金属の土台の場合、歯ぐきが後退すると金属が露出してしまいます

セラミックが優れている理由

セラミックが優れている理由

治療に金属を使うと、摩耗や腐食によって金属が溶解しイオン化。それが体内に取り込まれることで全身にアレルギー症状を引き起こす可能性があります。そんな心配をしないでいいのが、金属を使用しない「メタルフリー」治療、セラミック素材での治療です。

~セラミックのメリット~
  • 金属アレルギーの心配がありません
  • 歯ぐきが黒ずみません
  • 見た目がきれいになるので口元のコンプレックスが解消できます
  • 耐久性に優れています
  • プラークが付着しにくく、虫歯や歯周病のリスクを抑えることができます
  • きれいな歯を手に入れることで、その維持に努めるようになり、お口のトラブル予防の意識が高まります

取り扱い素材紹介

千葉県野田市の歯医者「のだクローバー歯科」での審美治療での取り扱い素材をご紹介します。

オールセラミック
素材はセラミックのみ。詰め物や被せ物に加工します

オールセラミック

オールセラミック

メリット
  • 天然歯に似た透明感や色調が再現できるので、見た目が自然です
  • 経年劣化や変色がほとんどありません
  • 金属アレルギーや歯ぐきの黒ずみを招く心配がありません
デメリット
  • 天然歯よりやや硬いため、咬み合う歯を傷めることがあります
  • 保険適用外なので治療費が比較的高価です
見た目 ★★★★★
耐久性 ★★★★☆
ハイブリッドセラミック
セラミックとレジン(歯科用プラスチック)の混合物です。詰め物や被せ物に加工します

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

メリット
  • 周囲の歯に色調を合わせることができます
  • 適度な硬さなので、咬み合う歯を傷つけません
  • メタルフリーなので金属アレルギーの心配がありません
デメリット
  • ほかのセラミック素材と比較すると美しさはやや劣ります
  • 経年によって多少変色することがあります
  • 保険適用外なので治療費が比較的高価です
見た目 ★★★★☆
耐久性 ★★★☆☆
メタルボンド
金属のフレームの表面にセラミックを焼きつけたもの。被せ物です メタルボンド
メリット
  • 耐久性に優れているので、ほとんどの部位に使用可能です
  • 銀歯よりも美しい見た目になります
デメリット
  • ほかのセラミック素材と比べると透明感がやや劣ります
  • 金属アレルギーを引き起こす心配があります
  • 歯肉が黒ずんでしまうことがあります
  • 歯の根元は金属が見えてしまうことがあります
  • 歯を削る量は比較的多めです
  • 保険適用外なので治療費が比較的高価です
見た目 ★★★☆☆
耐久性 ★★★★★
ファイバーコア
重度の虫歯治療で神経を取り除いた歯に被せ物をするときの歯の土台(コア)。素材はグラスファイバー(ガラス繊維強化樹脂)です ファイバーコア
メリット
  • 光を通す素材なので被せ物の透明感を損ないません
  • 保険診療で使用する金属コアとは違い、しなやかなので歯根を傷つけにくい素材です
  • 金属アレルギーの心配がありません
デメリット
  • 保険適用外なので治療費が比較的高価です
見た目 ★★★★★
耐久性 ★★★★☆
ラミネートベニア
前歯の表面を薄く削り、セラミックの板を貼りつける治療法です ラミネートベニア
メリット
  • 生まれつきの変色や小さく欠けた前歯をきれいに白くできます
  • 軽度の歯並びの乱れ(すきっ歯など)を、短期間で整えることが可能です
  • 変色しにくく、色合いが自然で、ホワイトニングできない歯も白くできます
  • 金属アレルギーの心配がありません
デメリット
  • 健康な前歯を薄く削らなければなりません
  • 時間の経過とともにはがれることがあります
見た目 ★★★★☆
耐久性 ★★★☆☆
ダイレクトボンディング
歯が欠けてしまった一部分に白いレジン(歯科用プラスチック)を盛りつけて修復する治療です
  • ダイレクトボンディング
  • ダイレクトボンディング
メリット
  • 歯を削る量が少なくてすみます
  • 自然に仕上がります
  • 短期間で治療できます
  • 費用は比較的安価です
デメリット
  • 時間の経過で変色することがあります
  • 咬み合わせが強い場合は欠ける可能性があります
  • 仕上がりが歯科医師のテクニックに左右されます
見た目 ★★★★☆
耐久性 ★★★☆☆

ホワイトニングで黄ばみを解消しましょう

ホワイトニングで黄ばみを解消しましょう

いつの間にか黄ばんでしまった歯。「歯をもっと白くして、笑顔に自信を持ちたい……」そうお考えではありませんか? 咬み合わせに問題がある場合は、審美治療により白い歯にするほうが適している場合がありますが、歯並びや咬み合わせが良好な場合は、手軽に歯を白くすることができるホワイトニングがお勧めです。

歯が黄ばむ原因

原因1.加齢 原因2.飲食物 原因3.喫煙 原因4.虫歯
加齢とともに歯の内側が黄ばみ、外側の層が薄くなるため、黄ばみが強く見えるようになります 赤ワイン・コーヒー、カレーなど色の濃い飲食物が少しずつ歯を着色していきます 喫煙によるタバコのヤニで歯が黄ばみます 虫歯になると歯が変色し、黄ばみが強くなることがあります

ご自宅でゆっくり白くするホームホワイトニングがお勧めです

  • ご自宅でゆっくり白くするホームホワイトニングがお勧めです
  • ご自宅でゆっくり白くするホームホワイトニングがお勧めです

歯を削らずに、薬剤を使って歯を白くする処置のことをホワイトニングといいます。ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」とご自宅で行っていただく「ホームホワイトニング」の2種類がありますが、当院では自宅でご自分のペースで行っていただく「ホームホワイトニング」をお勧めしています。

ホームホワイトニングについて
ホワイトニングの流れ

STEP1.まず歯科医院で専用のマウストレーを作製
STEP2.その後ご自宅でホワイトニングジェルを注入したトレーを毎日一定時間装着

  • ホワイトニングの流れ
  • ホワイトニングの流れ
  • ホワイトニングの流れ
メリット
  • お好きな時間に自分のペースで処置ができます
  • 白さを長期間維持できます
  • 自然な白さに仕上がります
  • 刺激が少なく、高い安全性があります
デメリット
  • 効果が現れるまでに時間がかかります
  • 自分で行わなければなりません
  • 歯がしみることがあります
費用
  • ホワイトニングキット(片顎2週間分)
  • 追加ジェル1本
18,000円(税込)
3,150円(税込)

ホワイトニングの注意事項

ホワイトニングが
できない場合
  • 被せ物や詰め物などの人工歯は白くできません
  • 抗生物質などの薬剤による着色の場合は効果が現れにくいことがあります
  • 妊娠中・授乳中の女性の方、18歳未満の方にはお勧めできません
  • ホワイトニング剤にアレルギーがある方は処置できません
ホワイトニング中の
注意点
  • 薬剤の管理や使用方法は、医師の指示に従ってください
  • マウストレー装着前には、歯のブラッシングを丁寧に行いましょう
  • マウストレー装着中は、飲食や喫煙はしないでください
  • 処置期間中は、色の濃い飲食物の摂取や喫煙は控えましょう
  • 万が一、痛みや違和感があった場合は、すみやかに処置を中断し、医師にご連絡ください
ホワイトニング実施後
  • 効果を持続させるために、毎日のブラッシングをしましょう
  • 歯科医院での定期的なチェックを受けましょう

歯ぐきの黒ずみも改善しませんか?

歯ぐきの黒ずみは、メラニン色素の沈着が原因です。歯科用レーザーを使用することで、このメラニン色素を除去。約1~2週間程度で、きれいで健康なピンク色の歯ぐきに戻ります。

歯ぐきのメラニン除去
  • 歯ぐきのメラニン除去
  • 歯ぐきのメラニン除去
費用
  • 片顎(3回)
  • 片顎(1回追加)
15,000円(税込)
3,000円(税込)

銀歯や歯の黄ばみでお悩みの方はご相談ください 「のだクローバー歯科」 04-7121-5030