周りの歯に負担をかけないインプラント治療

周りの歯に負担をかけないインプラント治療

歯を失ってしまった際に、その機能を補うための治療には、おもに「ブリッジ治療」、「入れ歯治療」「インプラント治療」があります。歯科治療におけるインプラント治療とは、歯のあった部分にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、それを土台にして人工歯を装着して、歯の機能や見た目を回復させる治療法です。

インプラント治療のメリット インプラント治療のデメリット
  • 自分の歯のような自然な咬み心地が得られます
  • 天然歯のような自然な見た目に仕上げることができます
  • 顎の骨に刺激が伝わるので、顎の骨が痩せにくくなります
  • 周囲の歯に負担をかけません
  • 保険適用外の治療なので、費用が比較的高額です
  • 外科手術が必要です
  • 治療期間が比較的長期におよびます
  • 糖尿病などの全身疾患があると、治療を受けられないことがあります

こういう方にはインプラント治療がお勧めです

  • 現在の入れ歯ではしっかり咬めない、見た目が悪いなどの不満がある方
  • 残っている周囲の歯に負担をかけずに治療をしたい方
  • 治療をしたことを、ほかの人に気づかれたくない方
  • 口元の若々しさを保ちたい方
  • 入れ歯が食事を楽しめないようで不安な方

インプラント治療の流れ

STEP1.歯肉の切開 STEP2.ドリリング STEP3.インプラント体の埋入
STEP1.歯肉の切開 STEP2.ドリリング STEP3.インプラント体の埋入
麻酔をしたあと、インプラントを埋める部分の歯肉を切開。顎の骨を露出させます 専用のドリルを使用して、顎の骨にインプラントを埋め込むための穴を開けます インプラントを埋め込みます
STEP4.治癒期間 STEP5.アバットメントの装着 STEP6.人工歯の装着
STEP4.治癒期間 STEP5.アバットメントの装着 STEP6.人工歯の装着
インプラントを歯肉で覆って縫合し、インプラントと顎の骨が安定するのを待ちます インプラントが安定したら、再び歯肉を開き、人工歯との接続部分となるアバットメントを装着します 歯肉の傷口が治るのを待ってから、アバットメントに被せる人工歯を装着。治療完了です

症例紹介

1本歯を失ったケース
  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後
ほぼ上下の歯が無い状態にインプラントで入れ歯を固定したケース
  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後

自分に合った入れ歯を見つけましょう

自分に合った入れ歯を見つけましょう

歯を複数本失ってしまったときの治療の中でもっともポピュラーなのは入れ歯治療ではないでしょうか? でも、「入れ歯は痛くて、よく咬めないもの……」というイメージをお持ちの方もいらっしゃることでしょう。しかし、そのような不具合はサイズが合っていなかったり咬み合わせがズレていたりすることで起こります。入れ歯がお口にぴったり合っていれば解決できるのです。

自分に合った入れ歯を見つけましょう

または、入れ歯は「見た目が不自然で、お手入れも大変そう……」とお考えではないですか? 最近の自由診療の入れ歯は、機能的にも見た目にも優れたさまざま素材が開発されています。入れ歯でお悩みでしたら、まずは千葉県野田市の歯医者「のだクローバー歯科」にご相談ください。

合わない入れ歯を使い続けるリスク

お口の中の状態は経年によって変化します。そのため、入れ歯をつくったばかりの頃は、ぴったり合っていても、しばらくすると合わなくなってさまざまな症状が出てくることがあります。

~入れ歯が合わなくなると……~
  • 痛みが生じます
  • 外れやすくなります
  • 食べづらくなります
  • 発音がしづらくなります

そんな合わない入れ歯をさらに使い続けていると、口腔内の粘膜に傷をつけて、感染症を起こすことがあります。また部分入れ歯の場合は、支えにしている歯に負担がかかり、健康な歯を失うことにもつながりかねません。

入れ歯は歯みがき粉でみがかないでください

入れ歯は歯みがき粉でみがかないでください

お口の中に入れる入れ歯。毎日のお手入れで清潔に保つことが大切です。でも歯ブラシと歯みがき粉でゴシゴシと洗っていませんか? 歯みがき粉には研磨剤が含まれていますので、その洗い方では入れ歯に細かい傷をつけてしまいます。細かい傷には細菌が棲みつきやすいので、清潔に保つどころか、身体の健康を害してしまうかもしれません。

入れ歯は歯みがき粉でみがかないでください

入れ歯を清潔に保つためには、入れ歯専用のブラシと洗浄剤を使いましょう。くわしいお手入れ方法をお教えしますので、当院にお気軽にご相談ください。

バネがない柔らかいソフトデンチャーがお勧めです

バネがない柔らかいソフトデンチャーがお勧めです

入れ歯にはさまざまな種類があります。歯を全部失っている場合につくるのを総入れ歯(総義歯・全部床義歯)といい、部分的に歯が残っている場合は、部分入れ歯(部分床義歯)をつくります。またその素材によってレジン義歯、金属床義歯などいろいろです。

千葉県野田市の「のだクローバー歯科」ではソフトデンチャーをお勧めしています。

ソフトデンチャー
ソフトデンチャー 歯ぐきにあたる部分に特殊な弾力性のある素材を使った、バネ(クラスプ)のない自費診療の部分入れ歯です
メリット
  • バネがないのであまり目立ちません
  • 周りの健康な歯に負担をかけません
  • フィット感、装着感に優れています
  • 弾力性があり壊れにくい素材です
  • 金属アレルギーの心配がありません
デメリット
  • 歯の欠損状態により適用できないことがあります
  • 激しい温度変化には弱い素材です
  • 熱伝導性は金属床に劣ります
  • 自費診療なので比較的高価です

その他取り扱い入れ歯

レジン床義歯
レジン床義歯 床部分がレジン(歯科用プラスチック)の保険適用の入れ歯です
メリット
  • 保険適用なので比較的安価です
  • 作製期間が短めです
  • 修理や調整が比較的簡単にできます
デメリット
  • 硬い食べ物が咬みにくいことがあります
  • 厚みがあり大きめなので装着感がよくありません
  • 見た目に入れ歯とわかってしまいます
金属床義歯
金属床義歯 床部分を金属でつくる自由診療の入れ歯です
メリット
  • 床部分を薄くできるので、装着時の違和感が少なめです
  • 飲食物の温度を比較的感じやすいという特長があります
  • 耐久性が高い義歯です
デメリット
  • 金属アレルギーの心配があります
  • 自由診療の入れ歯なので比較的高価です
  • 修理が難しい義歯です
マグネットデンチャー
マグネットデンチャー 残っている歯根に被せた金属のキャップと磁石を埋め込んだ入れ歯を、磁力によって吸着させる自費診療の入れ歯です
メリット
  • 磁力により吸着するので比較的よく咬めます
  • 小さめにつくることができるので、異物感が少なめです
  • 装着が簡単です
デメリット
  • 金属アレルギーの心配があります
  • 磁石を埋め込むので、その部分から入れ歯が割れやすくなります
  • 自由診療のため比較的高価です
  • 残存歯、歯の欠損状態により適用できないことがあります

歯を失ってしまったら、一度当院までご相談ください「のだクローバー歯科」04-7121-5030