歯周病は歯を失う原因第1位の病気です

歯周病は歯を失う原因第1位の病気です

歯周病は初期の段階では自覚症状がありません。そのため気づいたときには、すでにかなり進行してしまっていることがある怖い病気です。歯ぐきの炎症から始まり、悪化させてしまうと歯を支える顎の骨を溶かすので、やがては歯が抜けてしまう歯周病。歯を失う原因の第1位の感染症です。そして日本の成人の約8割は、歯周病または歯周病予備軍であるといわれています。

歯周病は全身に影響を与えます

歯周病は全身に影響を与えます

歯周病をお口の中だけの病気とお考えではありませんか? 実は全身疾患とも深い関わりがあることがわかってきました。

歯周病菌が血管に入ると血栓ができやすくなります。そのため、血栓による疾患である心臓病や心筋梗塞などの発症リスクが高まります。また歯周病菌が気管から肺に入ると肺炎を引き起こすことも。糖尿病との関連も指摘されています。

歯周病によって歯を失うことにより全身のバランスが崩れてしまうことがあります。すると頭痛や肩こり、手足のしびれを招きやすくなります。

~歯周病と関連があるおもな全身疾患~
  • 糖尿病
  • 肺炎
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 狭心症
  • 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)
  • 早産
  • 低体重児出産
  • 頭痛
  • 肩こり など

今すぐ歯周病リスクチェック

~歯周病チェックリスト~

起床時、口の中がネバネバする
冷たい物がしみる
口臭がきつくなった
ブラッシングの時、歯ぐきから血が出ることがある
歯ぐきが赤黒く腫れている
歯ぐきがブヨブヨしている
歯ぐきが下がって、歯が伸びたように見える
硬い物を咬むと痛みがある
歯と歯の間に物がよくはさまり、歯のすき間が広くなってきた
歯ぐきから膿が出る
歯がグラグラする
チェックが「0」個の方は……
今のところ問題はないようです。これからも健康な状態を保つために毎日のお口のケアを続けましょう。また歯科医院で定期検診を受け、お口のトラブルを効果的に予防しましょう
チェックが「1~3」個の方は……
軽度の歯周病の可能性があります。歯周病は早期発見・早期治療が大切です。これ以上悪化させる前に治療を受けましょう。
チェックが「4~7」個の方は……
中等度の歯周病かもしれません。これ以上悪化させる前に、できるだけ早く治療を始めましょう。
チェックが「8」個以上の方は……
重度の歯周病の可能性があります。放っておくと歯が抜け落ちてしまうことにつながりますので、すみやかに歯医者さんに相談し治療を受けてください。

いかがでしたか? 気になる症状がありましたら、とにかく一度、千葉県野田市の歯医者「のだクローバー歯科」にご相談ください。

歯周病の症状と治療方法

軽度の歯周病
症状 処置・治療
症状 ブラッシング指導 スケーリング
ブラッシング指導 スケーリング
歯ぐきに軽い炎症を起こし始め、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が少し深くなった状態です。ブラッシングの時に、出血することもありますが、痛みはまだありません。 毎日のブラッシングは、歯周病の治療や予防の基本です。一人ひとりのお口の状態に合わせたブラッシング方法を指導いたします。 「スケーラー」という器具を使い、毎日のブラッシングではなかなか落とせないプラーク(歯垢)や歯石を取り除きます。
中等度の歯周病
症状 処置・治療
症状 ルートプレーニング フラップ手術
ルートプレーニング フラップ手術
歯周ポケットがより深くなり、炎症が進行して歯を支える顎の骨が溶け始めた状態です。歯がグラグラし始め、歯ぐきが腫れて出血も見られ、歯が浮く感じや口臭も現れます。 「キュレット」という器具を使い、スケーリングでも落としきれない歯ぐきの深い部分に付着するプラークや歯石を取り除きます。仕上げにその表面をなめらかすることで汚れの再付着を防ぎます。 局所麻酔をして歯肉を切開。そして歯周ポケットの奥深くに付着しているプラークや歯石を取り除きます。感染した組織も除去したら、歯肉を縫合します。
重度の歯周病
症状 処置・治療
症状 GTR法 エムドゲイン法
GTR法 エムドゲイン法
歯を支える顎の骨の半分以上が溶けた状態です。歯ぐきが下がって歯がグラつき、膿が出て、痛みや口臭がさらにきつくなります。悪化が進むと、複数の歯に感染して抜け落ちることがあります。 歯周組織再生処置のひとつです。歯肉の切開後、感染部分を除去。特殊な膜「メンブレン」を挿入して歯周組織の再生を促します。この膜は再生後取り除きます。 歯周組織再生処置のひとつです。感染部分を切除した後、「エムドゲインゲル」という歯周組織再生誘導剤を塗布。歯周組織再生のためのスペースを確保し、切開した歯肉を縫合します。

歯周病は予防可能な病気ですくわしくはこちらをどうぞ