痛みが出る前に対策をしましょう

「歯医者さんに行くのは痛くなってから……」

痛みが出る前に対策をしましょう

このように、歯科医院は治療をするところとお考えの方がまだまだ多いかもしれません。しかし虫歯や歯周病などのお口のトラブルは、その原因がハッキリしているので、正しくケアをすることで病気にかかる前に予防することができます。病気を未然に防ぐ。お口の健康を保つためには「治療」より「予防」が効果的です。

PICK UP! 海外では予防することが習慣になっています

PICK UP! 海外では予防することが習慣になっています

80歳の平均残存歯数を日本とアメリカ、そして歯科医療の先進国であるスウェーデンで比べたデータがあります。

日本が8.9本なのに対し、アメリカでは15本、スウェーデンでは25本です。この違いはどこからくるのでしょうか? それは歯科診療に対する意識の違いです。日本ではまだ痛くなってからの「治療」が主体ですが、歯科先進国では病気になる前の「予防」が主流なのです。「予防」意識を高めることで、私たちも残存歯を増やしましょう。

キシリトールを活用しましょう

キシリトールを活用しましょう

虫歯予防に効果が期待される「キシリトール」。歯科先進国のひとつフィンランドではすでに高い虫歯予防効果が認められています。普段の生活で砂糖などの糖分を控え、キシリトール入りのおやつを活用することは手軽な虫歯予防方法のひとつです。

キシリトールの虫歯予防効果
虫歯菌の活動を抑制する 虫歯菌のエサにならない プラークが落ちやすくなる 歯の再石灰化を促進する
甘味料であるキシリトールには虫歯菌の活動を抑える働きがあります 虫歯菌によって酸が産生されないので、歯が溶かされません プラークをサラサラにするので、ブラッシングで落としやすくなります キシリトール入りのガムを咬むと唾液分泌が促進。歯の再石灰化につながります

電動歯ブラシを体験できます

電動歯ブラシを体験できます

電動歯ブラシの特徴は、手よりも早く振動するので効率よく汚れを落とせるにもかかわらず、圧力が小さく、歯や歯ぐきにやさしいことです。以前の電動歯ブラシは、ブラシが硬すぎて歯肉を傷つけたり、歯を削ったりすることがありましたが、当院でお勧めしているのは、歯や歯ぐきにやさしい「音波振動歯ブラシ」です。

千葉県野田市の歯医者「のだクローバー歯科」では、電動歯ブラシのお試し体験ができます。興味のある方はお気軽にお声がけください。

予防方法紹介

定期検診

定期検診

お口の中の状態の変化を自分自身で把握することはなかなかできません。定期的な歯科医師によるチェックを受ければわずかな変化も発見されやすくなります。そしてお口のトラブルの早期発見・早期治療につながります。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

患者さん一人ひとりのお口の状態に合ったブラッシング方法をご指導します。お口のトラブル予防の基本は毎日のブラッシングです。毎日のご自宅でのケアを効果的に行うための適切なブラッシング方法をお伝えします。

フッ素コーティング

フッ素コーティング

フッ素には歯質を強化し、歯の表面に塗布することにより歯の「再石灰化」を促す効果があります。また細菌の繁殖を抑える働きもあるので、虫歯になりにくいお口の環境の維持に役立ちます。

PMTC

PMTC

口腔ケアのプロによる、専用機器を用いた歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングでは落としきれない、歯と歯の間、歯と歯ぐきの溝などに溜まったプラーク(歯垢)や歯石を徹底的に除去し、虫歯や歯周病を予防します。

咬み合わせチェック

咬み合わせチェック

咬み合わせの乱れがあると、咬む力のバランスが崩れ、顎や顔つきだけでなく全身のゆがみにつながることがあります。問題がある場合は詰め物、被せ物の調整をするほか、必要に応じて矯正治療もご提案します。

歯の大事な役割をお話しします 大切な歯を守るため予防に力を入れましょう