ATTENTIONお⺟さんとお⼦さんのための取り組み

ATTENTION親子で虫歯を予防しよう

野田市にある「のだクローバー歯科」では、お子さんの歯を虫歯にしないように務めています。また、お子さんの治療を任せられる歯医者さん選びを紹介しているので参考にしてみてください。

お子さんを虫歯にさせない

お子さんを虫歯にさせない

お子さんの歯は、歯の表面にあるエナメル質が大人の歯に比べて薄いため虫歯になりやすいです。乳歯は虫歯になっても生え変わるから治療しなくて大丈夫という考えを持っている方がいますが、乳歯の虫歯を放っておくと永久歯へ悪影響を与えることがあります。
また、乳歯は咬む力や食欲に影響して発音や骨格形成にも悪影響を及ぼすことがあるのです。お子さんの歯で気になることがあればお気軽にご相談ください。

虫歯はご家族からうつる場合もあります

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には細菌がいません。では、どこから細菌はやってくるのでしょうか。それは家族です。家族でスプーンや箸などを使い回していませんか?お子さんの歯を守るために注意すべきポイントをまとめました。

虫歯菌の感染を防ぐには

虫歯菌の感染を防ぐには

  • 食べ物の口移しはやめましょう
  • 赤ちゃん専用の箸・スプーン・フォークを用意しましょう
  • 赤ちゃんの口へキスするのは避けましょう
  • 家族全員で口腔の健康に気をつけましょう
虫歯からお子さんを守るために
ダラダラ食べさせない

ダラダラ食べさせない

食事をダラダラ食べていると虫歯ができやすい状態になります。また、おやつは時間を決めてお口の中がきれいな時間を長時間保つようにしましょう。

歯によい物を食べさせる

歯によい物を食べさせる

アメやチョコレートなど糖分を多く含んでいるものはお口の中に長時間残りやすいため注意しましょう。また、おやつはキシリトールなどシュガーレスタイプを選ぶようにしましょう。

食べたあとはブラッシング

食べたあとはブラッシング

食事をした後はできるだけ早くブラッシングをしましょう。食後30分以内に磨く癖をつけると良いです。どうしてもブラッシングできない場合は、口をゆすぐだけでも効果があります。

(ピックアップ)仕上げみがきを忘れない!

(ピックアップ)仕上げみがきを忘れない!

お子さんが一人でブラッシングするのは至難の技です。そこで、親御様の仕上げ磨きがカギとなります。お子さんが一人で磨けたしても小学校4年生くらいまでは親御様の仕上げ磨きが必要です。日々、お子さんと楽しみながら口腔ケアをしましょう。

お子さんを歯医者嫌いにさせない

お子さんを歯医者嫌いにさせない

歯科医院に対するイメージは今も昔も「怖い」というイメージでしょう。大人ですら歯科治療が怖いと思うのだから、お子さんであればなおさらですよね。のだクローバー歯科がお子さんを歯医者嫌いにさせないようにする工夫を紹介します。

お子さんのための歯医者選び

お子さんのための歯医者選び

お子さんの歯医者嫌いを予防するために必要なのは歯医者選びです。お子さんの気持ちをしっかり尊重してくれる歯科医院を選ぶようにしましょう。この歯医者選びのポイントはお子さんだけでなく大人の方でも適用されるのではないでしょうか。

Point1
デメリットも説明してくれる
Point2
話を聞いてくれる
治療においてメリットだけでなくデメリットもわかりやすく説明してくれる歯科医院がおすすめです。 患者さんの話をしっかり聞いて、目線を合わせてくれる歯科医院にしましょう。
Point3
いつも清潔な院内環境
Point4
コミュニケーションが取れる
医療機関の中が清潔でないと嫌ですよね。特にお子さんは色々な場所を触るので清潔な医院にしましょう。 スタッフ同士はもちろん、患者さんともコミュニケーションをとってくれる歯科医院にしましょう。
お子さんと歯医者に行くときのポイント
ご来院前
歯医者さんへ行くことを伝える 「痛くない」「診るだけ」と安易にいうのはやめましょう 脅し文句に歯医者さんを使ってはいけません
これから歯医者さんへ行き、お口のなかを診てもらうということを伝えましょう。どこへ行くのかわからないとお子さんも不安な気持ちになってしまいます。 言われたことと違うことが起きると不信感が募ってしまいます。不信感が募った結果、歯科医院のことが嫌いになってしまうこともしばしばです。虫歯治療の大切さや歯医者さんへ行く意味を話して聞かせましょう。 「悪いことしたら歯医者さんへ連れて行くよ」など歯医者さんへ行くことを脅し文句にしてしまうと、歯医者さんに対する怖いイメージが抜けません。
ご来院中
親御さんがリラックスしましょう 思いっきり褒めましょう 治療できなくても叱らないであげましょう
親御さんが緊張しているのをお子さんはわかります。親御さんがリラックスしてお子さんには笑顔を絶やさず会話をしてあげましょう。 治療が終わったら、「よく頑張ったね」「偉いね」など褒めてあげましょう。 治療ができなくても怒らずに、励まして次回の治療に繋げてあげましょう。
ご帰宅後
家族みんなで褒める 次回の予定を伝えましょう 歯医者さんへ行く練習をしましょう
帰宅したら少し大げさでも良いので家族みんなで褒めてあげましょう。 次回いつ歯医者さんへ行くのか予定を伝えてあげましょう。 うまく治療ができなかったら、自宅であーんと口を開ける練習をしてみましょう。