ENDO⼀般⻭科・根管治療

ENDOできるだけ歯を残す虫歯治療

野田市にある「のだクローバー歯科」では、虫歯治療をおこなっております。虫歯は進行すればするほど治療までの時間や費用がかかってしまいます。また、虫歯が歯の神経近くまで進行すると根管治療をおこなう必要が出てきます。根管治療は患者さんの根気と時間が必要になる治療です。虫歯が進行する前に早期発見・早期治療をおこないましょう。

虫歯治療

虫歯とは

虫歯とは

虫歯とは、ミュータンス菌による感染症のことをいいます。ミュータンス菌は食べカスやプラークを餌にして数が増えていきます。ミュータンス菌は酸を産生して、歯を溶かして進行していきます、虫歯予防にはミュータンス菌を増やさないためにプラークコントロールをする必要があるのです。

虫歯を治さないリスク

仕事や学業を理由に虫歯を放置してしまうと様々なリスクが高くなります。

  • 虫歯の進行程度で痛みが出ることがある
  • 症状が進むと治療が難しくなる
  • 治療費用や治療回数も増える
  • 治療時の痛みが増す

C1

C1

エナメル質に限局している虫歯は症状がないため放置されやすいです。また、この時期であれば再石灰化できる可能性があるので経過観察となることが多いです。

C2

C2

虫歯が象牙質に進行している状態です。虫歯に罹患している歯質を削って、プラスチックの詰め物などで補綴します。

C3

C3

虫歯が神経まで進んでいる状態です。激痛に悩まされることが多くなるため、歯の神経を取り除く処置をおこないます。

C4

C4

虫歯が歯の根っこまで進行している状態です。根っこの先に膿の袋を形成し、排膿が見られることもあります。治療方法は抜歯で対応することもあります。

初期虫歯ならレーザーで少ない痛みで治療できます

C5

虫歯は歯をドリルで削り、詰め物や被せ物で治療をするというイメージが強いのではないでしょうか。しかし、最近では歯科用レーザーというものが登場してきました。歯科用レーザーは、虫歯の進行を抑制することや痛みのない状態で歯を削ることを可能にしています。

歯がしみるのは知覚過敏かもしれません

C5

歯科医院で虫歯はないといわれたのに、歯がしみることはありませんか?もし、歯がしみる場合は「知覚過敏」かもしれません。知覚過敏とは、エナメル質が薄くなったり・欠けたりすることで象牙質が露出してしまうことでおきます。象牙質は、歯の神経へ刺激を伝達してしまうため冷水を口に含んだときやブラッシングをしている刺激が痛みになってしまうのです。

根管治療

重度の虫歯に必要な根管治療とは

重度の虫歯に必要な根管治療とは

歯の神経近くまで虫歯は達してしまった場合は、抜歯も検討されます。しかし、抜歯をする前に「根管治療」という治療を実施することがあります。根管治療とは、歯の神経や血管がある根管内に感染した虫歯細菌を取り除いた後に消毒や洗浄する処置のことです。

根管治療が必要な可能性がある症状

根管治療が必要なケースには以下のものがあります。

  • 歯が痛い
  • 冷水を飲むと痛む
  • 歯茎を押すと痛む
  • 歯を咬んだときに痛む
治療の流れ

STEP1麻酔処置

STEP1.麻酔処置

治療中に痛みが出ないように麻酔注射をおこないます。

STEP2根管洗浄

STEP2.根管洗浄

虫歯に罹患している歯質を取り除いて、根管内をきれいに洗浄・除菌します。

STEP3根管充填

STEP3.根管充填

きれいにした根管内に新しく細菌が入ってこないように薬剤を注入します。

STEP4被せ物装着

STEP4.被せ物装着

歯の土台を装着した後に、被せ物を製作・装着します。

根管治療は根気が必要な治療です

根管治療は根気が必要な治療です

大切な歯を抜歯しないためにも根管治療は大切な治療となります。しかし、根管治療は簡単に終わる治療ではありません。根管の形は十人十色で、患者さんごとにことなるからです。しっかりと、根管の形を把握して根管壁に虫歯を取り残さないよう配慮しながら治療を進めていくため複数回来院していただく必要があります。
複数回来院する治療になると、どうしても途中で根管治療を辞めてしまう方がいます。しかし、これはすごく危険な行為なのでやめてください。なぜなら、根管治療をしている歯は抜歯の一歩手前です。さらに、細菌感染しているため、周りの歯へ悪影響を与えやすくなっています。根管治療には患者さんの根気と時間も必要になります。ぜひ、自分の歯を残すためにも根管治療に通ってください。