ESTHE審美・ホワイトニング

ESTHE口元を美しくする

のだクローバー歯科では、ホワイトニング治療や審美歯科治療に対応しております。審美性の良い被せ物の紹介やホームホワイトニングについて理解した上で治療を進めてみてはいかがでしょうか。

審美

審美

審美歯科とは、歯の形や色を改善することはもちろんですが患者さんの見た目を考慮した治療をおこないます。ただ、見た目をよくしてもダメで身体の一部として機能性や耐久性など様々な観点から快適な生活を送れるような被せ物を作る治療が審美歯科です。

銀歯の身体への影響について

保険診療で使われる銀歯は、使用し続けることで金属イオンが溶け出して金属アレルギーの原因になりうることがわかってきました。

銀歯のデメリット

銀歯のデメリット

  • 金属アレルギーの原因となりうる
  • プラークが付着しやすく、虫歯や歯周病のリスクが高くなる
  • 歯茎が黒くなることがある
金属を使用しない「セラミック」治療

金属を使用すると金属アレルギーを誘発する原因になりかねませんが、セラミックではそのような心配がありません。メタルフリー素材のセラミックを使用するメリットを紹介します。

セラミックのメリット

セラミックのメリット

  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯茎への着色がない
  • 天然歯に近い見た目を再現できる
  • プラークが付着しにくく虫歯や歯周病の予防になる
  • 耐久性が強い
当院で取り扱う素材
オールセラミック

セラミックだけで作られます。被せ物だけでなく詰め物にも使用できます。

見た目 ★★★★★ 耐久性 ★★★★☆ オールセラミック
メリット
  • 天然歯に近い色調を再現できる
  • 経年劣化や変色が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 硬いので咬みあう歯を痛めてしまうことがある
  • 保険適用外なので治療費が高額

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ハイブリッドセラミック

セラミックに歯科用プラスチックを混ぜ合わせて作ります。

見た目 ★★★★☆ 耐久性 ★★★☆☆ ハイブリッドセラミック
メリット
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 適度な硬さで咬みあう歯を痛めない
デメリット
  • 経年劣化や変色をすることがある
  • 保険適用外なので治療費が高額

※表は左右にスクロールして確認することができます。

メタルボンド

金属のフレームの表面にセラミックを焼き付けた被せ物です。

見た目 ★★★☆☆ 耐久性 ★★★★★ メタルボンド
メリット
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 適度な硬さで咬みあう歯を痛めない
デメリット
  • 経年劣化や変色をすることがある
  • 保険適用外なので治療費が高額

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ファイバーコア

虫歯で神経の処置をした後に、歯に被せ物をする土台となります。素材はグラスファイバー(ガラス繊維強化樹脂)を使用しています。

見た目 ★★★★★ 耐久性 ★★★★☆ ファイバーコア
メリット
  • 光を通す素材なので、透明感のある仕上がりになる
  • しなやかな素材なので歯を傷つけない
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 保険適用外なので治療費が高額

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ラミネートベニア

前歯の表面を薄く削り、セラミックの板を貼り付けます。

見た目 ★★★★☆ 耐久性 ★★★☆☆ ラミネートベニア
メリット
  • 歯の形と色を変えることができる
  • 変色しにくい
  • ホワイトニングで効果がなかった歯でも確実に白くできる
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 保険適用外なので治療費が高額
  • 剥がれることがある

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ダイレクトボンディング

歯科用プラスチックを歯の欠けてしまった部位へ盛り付けて修復します。

見た目 ★★★★☆ 耐久性 ★★★☆☆ ダイレクトボンディング
メリット
  • 歯を削る量が少ない
  • 自然な仕上がりになる
  • 短期間で治療できる
  • 費用が安価
デメリット
  • 経年劣化や変色する
  • 歯科医師のテクニックで仕上がりが変わる

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ホワイトニング

ホワイトニング

歯は加齢と共に黄色く着色します。また、コーヒーや紅茶など着色成分が含まれているものを嗜好品として常用していると、歯に着色汚れもつきやすくなります。そこで、手軽に歯を白くできるのがホワイトニングです。審美歯科のように歯を削る必要もなく、咬み合わせや歯並びを維持した状態で歯を白くできます。

歯が黄ばむ理由
加齢 飲食物
加齢とともに歯の内側から黄色くなります。歯の外側は薄くなるため、黄色が強く出てしまうのです。 赤ワインやカレー・コーヒーなど色の強い飲食物は歯へ着色汚れをつける原因になります。
喫煙 虫歯
タバコのヤニが原因で歯は黄色くなります。 虫歯になると歯が黒色や黄色くなります。
ホームホワイトニングをおすすめしています

ホームホワイトニングをおすすめしています

歯を削らずに薬剤で白くすることをホワイトニングといいます。ホワイトニングの中でもご自宅でおこなうホワイトニングを「ホームホワイトニング」と呼び、時間のない方やより手軽にホワイトニングしたいというかたへおすすめできます。

ホームホワイトニングについて
ホワイトニングの流れ STEP1. 歯科医院でマウストレーを作成
STEP2. ホワイトニングジェルをトレーに入れて装着
メリット デメリット
  • 好きな時間・場所でできる
  • 白さを長期間維持できす
  • 自然な白さを出せる
  • 刺激が少ない
  • 効果が出るまで時間がかかる
  • 自分で管理する必要がある
  • 歯がしみることがある
費用
  • ホワイトニングキット(片顎2週間分)
  • 追加ジェル1本
18,000円(税込)
3,150円(税込)

※表は左右にスクロールして確認することができます。

注意事項
ホワイトニングができない場合

被せ物や詰め物など人工物は白くなりません。また、妊娠中や授乳中の方、18歳未満の方にはおすすめできません。ホワイトニング剤でアレルギー反応が出ることがあります。このような方にもホワイトニングはできません。

ホワイトニング中の注意点
  • 薬剤の使用や管理方法は歯科医師の指示に従ってください。
  • マウストレー装着前にはブラッシングをしましょう。
  • マウストレー装着中の飲食や喫煙は禁止です。
  • ホワイトニングをしている間は色の強い飲食物を控えるようにしましょう。
ホワイトニング実施後
  • 効果を持続させる意味でもブラッシングをしましょう。
  • 定期的に歯科医院でチェックを受けましょう。
(ピックアップ)歯ぐきの黒ずみが改善できます!
歯ぐきのメラニン除去について

歯ぐきのメラニン除去について

歯茎にある黒ずみはメラニン色素が原因でおきています。このような場合は歯科用レーザーを使用することでメラニン色素を取り除けます。処置後、1週間〜2週間で健康的なピンク色の歯茎に戻ります。