LOSTインプラント・入れ歯

LOSTしっかり咬めるインプラントと入れ歯

野田市にある「のだクローバー歯科」では、インプラント治療や入れ歯治療に対応しております。インプラント治療と入れ歯治療の違いについて理解してご自身にとって最適な治療法を選ぶようにしましょう。

インプラント

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、失ってしまった歯の代わりに人工歯根を顎の中に埋め込む治療です。人工歯根の上部には被せ物を製作します。この被せ物は天然歯のような見た目にすることができます。人工歯根が顎の骨と結合しているため、しっかりと咀嚼できるのも特徴です。

こんな方におすすめの治療です

こんな方におすすめの治療です

  • 入れ歯やブリッジでしっかり咬めていない人
  • 残っている歯に負担をかけたくない人
  • きれいな口元を維持したい人
  • 生き生きとした毎日を送りたい人
インプラントのメリット・デメリット
インプラント治療のメリット インプラント治療のデメリット
  • 自分の歯のように咬める
  • 天然歯のような見た目に仕上がる
  • 顎の骨に咀嚼力が伝わるため骨が痩せにくい
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 保険適用外なので治療費が高額
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長期になる
  • 全身疾患によっては外科手術ができない場合がある
インプラント治療のメリット
  • 自分の歯のように咬める
  • 天然歯のような見た目に仕上がる
  • 顎の骨に咀嚼力が伝わるため骨が痩せにくい
  • 周囲の歯に負担をかけない
インプラント治療のデメリット
  • 保険適用外なので治療費が高額
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長期になる
  • 全身疾患によっては外科手術ができない場合がある
治療の流れ
STEP1.歯肉の切開 STEP2.ドリリング STEP3.インプラント体の埋入
STEP1.歯肉の切開 STEP2.ドリリング STEP3.インプラント体の埋入
麻酔をした後、インプラントを埋める歯肉を切開して、顎の骨を露出させます。 インプラント専用のドリルを使用して、インプラントを埋めるための穴を開けます。 インプラントを埋めます。
STEP4.治癒期間 STEP5.アバットメント装着 STEP6.人工歯の装着
STEP4.治癒期間 STEP5.アバットメント装着 STEP6.人工歯の装着
インプラントを歯肉で覆ってインプラントと骨が結合するまで待ちます。 インプラントが安定したら、人工歯と結合するアバットメントを装着します。 歯肉の傷が治ったらアバットメントに人工歯を装着します。
STEP1.歯肉の切開
STEP1.歯肉の切開
麻酔をした後、インプラントを埋める歯肉を切開して、顎の骨を露出させます。
STEP2.ドリリング
STEP2.ドリリング
インプラント専用のドリルを使用して、インプラントを埋めるための穴を開けます。
STEP3.インプラント体の埋入
STEP3.インプラント体の埋入
インプラントを埋めます。
STEP4.治癒期間
STEP4.治癒期間
インプラントを歯肉で覆ってインプラントと骨が結合するまで待ちます。
STEP5.アバットメント装着
STEP5.アバットメント装着
インプラントが安定したら、人工歯と結合するアバットメントを装着します。
STEP6.人工歯の装着
STEP6.人工歯の装着
歯肉の傷が治ったらアバットメントに人工歯を装着します。
症例紹介
1本歯を失ったケース
  • 1本歯を失ったケース
  • 1本歯を失ったケース
  • ほぼ上下の歯が無い状態にインプラントで入れ歯を固定したケース
  • ほぼ上下の歯が無い状態にインプラントで入れ歯を固定したケース
  • ほぼ上下の歯が無い状態にインプラントで入れ歯を固定したケース
  • 入れ歯

    入れ歯

    歯を失ってしまったときの最もメジャーな治療法は入れ歯です。しかし、みなさんの中には入れ歯は使いにくいというイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。入れ歯はお口にぴったり合っていれば問題なく使用できます。
    また、入れ歯は手入れが大変というイメージを持っている方もいます。現在では、機能面でも審美面でも優れた入れ歯がたくさん登場してきています。入れ歯のことでお困りの方は「のだクローバー歯科」へお越しください。

    合わない入れ歯のリスク

    お口の中は加齢とともに経年変化していきます。そのため入れ歯もお口に合わせて調整する必要があるのです。

    合わない入れ歯を使っていると...

    合わない入れ歯を使っていると…

    • 痛みが出ます
    • 外れやすくなります
    • 食事がしにくくなります
    • 会話しにくくなります
    さらに使い続けることによるリスク

    お口に合わない入れ歯は粘膜を傷つけてしまい、口腔がんの原因になることもあるのです。部分入れ歯の場合は、金属のバネがかかっている歯に負担をかけてしまい健康な歯を失う原因になるかもしれません。

    入れ歯のお手入れの注意点

    入れ歯のお手入れの注意点

    お口に入れる入れ歯は毎日清潔に保つ必要があります。みなさんは入れ歯を歯磨き粉で磨いていませんか?歯磨き粉の中には研磨剤という細かい粒子が含まれています。この研磨剤が入れ歯の表面に細かな傷をつけてしまうため、入れ歯の手入れをするときは歯磨き粉を使用しないようにしましょう。
    入れ歯を清潔に保つためには専用の入れ歯洗浄剤や入れ歯専用ブラシを使用するようにしましょう。

    バネがない柔らかいソフトデンチャーをおすすめします

    入れ歯には様々な種類があります。のだクローバー歯科では、その中でも歯茎に当たる部分に特殊な弾性材料を使ったソフトデンチャーをおすすめしております。

    バネがない柔らかいソフトデンチャーをおすすめします メリット
    • バネがないので目立ちにくいです
    • 装着感に優れています
    • 金属アレルギーの心配がありません
    デメリット
    • 激しい温度変化に弱いです
    • 熱伝導性が弱いです
    • 自費診療なので治療費が高額です
    • お口の状態によって適用できないことがあります
    その他の取り扱い入れ歯
    レジン床義歯

    床部分が歯科用プラスチックで製作されている保険適用の入れ歯です。

    レジン床義歯 メリット
    • 保険適用なので安価に製作できます
    • 作成期間が短いです
    • 修理や調整が容易にできます
    デメリット
    • 硬い食べ物が咬みにくいことがあります
    • 厚みがあるため違和感を感じやすいです
    金属床義歯

    床部分を金属で作る入れ歯です。

    金属床義歯 メリット
    • 金属が熱を伝導してくれます
    • 床を薄くできるため違和感が少ないです
    • 耐久性が高いです
    デメリット
    • 金属アレルギーのリスクがあります
    • 自由診療なので治療費が高額になります
    • 修理が難しいです
    マグネットデンチャー

    お口の中に残っている歯に金属のキャップを被せて、磁性のある入れ歯と磁力で結合させる入れ歯です。

    マグネットデンチャー メリット
    • 磁力で結合するためしっかり咬めます
    • 違和感が少ないです
    • 装着が簡単です
    デメリット
    • 金属アレルギーのリスクがあります
    • 自由診療なので治療費が高額になります
    • 残存歯やお口の状況によって適用できないことがあります