ORAL口腔外科

STAFFお口の外科処置

野田市にある「のだクローバー歯科」では、口腔外科治療に対応しております。口腔外科治療は主に親知らずの抜歯をしています。親知らずは放置してしまうと虫歯や歯周病を誘発する原因になります。当院では親知らずを抜くべきケースかしっかりと判断して治療を進めております。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずとは、第三大臼歯と呼ばれる歯です。現代の日本人は、顎の大きさが小さく親知らずが生えるスペースが足らないことが多いです。スペースがない結果、斜めや横向き生えることが多くなり、ブラッシングが不十分になります。結果的に虫歯や歯周病を招きやすくなってしまうのです。
親知らずが虫歯や歯周病になり痛みが発生している場合は抜歯した方が良いです。しかし、顎の骨の中に埋まっている・他の歯に影響を与えない状態なら必ずしも抜歯する必要はありません。

親知らずを放置するリスク

親知らずを放置するリスク

親知らずを放置してしまうと、虫歯や歯周病など炎症を誘発することがあります。また、親知らずが横向きに生えていると前方の歯を押して歯並びを崩す可能性が出てきます。場合によっては顎関節症を誘発する親知らずもあるほどです。
手前の歯にぶつかっている親知らずや真横に生えている・歯茎から親知らずの一部が露出しているなどの状態だと、歯磨きをした際に汚れが落としきれないため炎症を誘発しやすいです。このような場合は抜歯するようにしましょう。

親知らずを抜くべきケース

親知らずが真横に生えている・歯茎から一部が露出している・炎症を起こしているなどの状況の場合、親知らずは抜歯すべきです。つまり、親知らずの影響で他の歯や全身に悪影響を与えている場合は親知らずを抜歯するのが好ましくなります。
親知らずを抜歯すべきか否かは歯科医師の判断が必要になります。自己判断で抜かなくても良いという風にならないようにしましょう。

そのほかの口腔外科

そのほかの口腔外科

親知らずの抜歯以外にも口腔外科分野の治療は幅広いです。例えば顔面やその隣接組織に現れる先天性や後天性の疾患です。口腔の軟組織に発生する腫瘍や腫瘤・嚢胞などの治療や、口内炎・外傷なども口腔外科分野の治療になります。口内炎は舌がんや歯肉がんと間違えやすいため、お口周りのことでお困りの場合はすぐに口腔外科を受診するようにしましょう。

当院で対応できない場合は適切な提携医院をご紹介します

のだクローバー歯科では、適切な検査・診査に務めております。その中で診断を下し、当院で治療することが困難な症例と判断した場合は適切な医療機関を紹介させていただきます。歯科医院で治療すべきなのかわからないという方も一度受診していただき、どこで治療をすれば良いか紹介を受けるだけでも違ってきます。